武士猿(ブサーザールー)

■読んだきっかけ
空手に関する小説を読みたいと思い、アマゾンで検索。

■こんな人におすすめ
・臨場感あふれる空手の小説を読みたい人。沖縄県出身の空手家である本部朝基について知りたい人。

■評価
★★★

■こんな内容の本
沖縄県出身の空手家である本部朝基を題材にした小説。臨場感あふれる格闘シーンと本部朝基の心理描写を描く。

■読んでの感想
大変面白く、一気に読みました。空手の型の一つであるナイファンチをやってみたいと思った(まだその級になっていないのでできないです)。また、沖縄の人々の心境の変化についても知ることができた(この小説の内容が全てではないと思いますが)。

コメント

このブログの人気の投稿

ヤバい予測学 ― 「何を買うか」から「いつ死ぬか」まであなたの行動はすべて読まれている

エンジニアから技術リーダになりたい人向け「スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学」

コンサルティングファームに就職・転職を検討している人向け「コンサルティング業界大研究[最新]」