統計学が最強の学問である

■読んだきっかけ
ビジネス書大賞2014大賞受賞するなど、ビジネス書として有名な本。ビッグデータがはやったこともあり、その基本となる統計学について知るきっかけとして、読んでみたくなった。

■こんな人におすすめ
・統計がどんなもので、どんなんことに役立つか、統計学とはどんなものか興味がある人

■評価
★★★★★

■こんな内容の本
下記のような統計学に関する内容が、ざっくばらんに記載されている。
・統計学が過去からどのように活用されてきたか。
・調査等の低コスト化に統計学が役立てられている。
・統計学を活用にするには、誤差や因果関係を考える必要ある。
・データの取り方には、「ランダム化」を用いることが良い。
・データマニング、テキストマイニング、ベイズ統計等ビッグデータでよくキーワードして出てくるの内容についての解説がある。

■読んでの感想
わかりやすく、統計学について興味を持つことができた。統計学の読み物として面白かった。ただし、本書のターゲットがやや不明確な気がした。

コメント

このブログの人気の投稿

ヤバい予測学 ― 「何を買うか」から「いつ死ぬか」まであなたの行動はすべて読まれている

真実を見抜く分析力 ビジネスエリートは知っているデータ活用の基礎知識

エンジニアから技術リーダになりたい人向け「スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学」